男性の育児休業のススメ

育児

男性の育児休業のススメ

「育児休業ってどんな制度?」「育児休業を取りたいけど、どのような手続きを取ればよいのかわからない。」「育児休業を取った場合、給料はどうなるの?」「妻が専業主婦でも取得は可能なの?」「育児休業中何をすべき?」

そういった疑問を解決していきましょう。

育児休業制度とは

育児休業制度

育児・介護休業法という“法律”に守られた権利で、原則、子供が一歳になるまで、育児休業が取得できるという制度です。会社に拒否権はありません。奥さんが専業主婦でも取得可能です。うちも妻は専業主婦ですが取得しました。例外で、雇用期間が1年以内の方、週の出勤日数が2日以下の方は取得できないので注意して下さい。

また、一歳を超えても取得できる場合があります。保育園入所の手続きをしたにも拘らず、入所できなかった場合などは最大で子供が2歳になるまでは育児休業をとることができます。また、夫婦そろって育児休業を取得する場合はパパ・ママ育休プラス制度というのもあり、最大で1歳2か月まで延長が可能です。

会社に規定がなかったとしても、法律で守られた権利なので、申請することで取得は可能です。
逆に拒否されるようなことがあったらそれは法令違反です。

育児休業中のお金について

育児休業を取得している期間、給料の支給は停止されますが、育児休業給付金が支給されます。育児休業を取得して6か月間は「育児休業開始前6か月分の平均給料の67%」、育児休業を取得し始めて6か月以降は「育児休業開始前6か月分の平均給料の50%」が支給されます。

「67%じゃ生活できない」という方もいるかもしれませんが、育児休業中は社会保険料(厚生年金や国民健康保険料)が免除されます。また、所得が少なる分、所得税、住民税も少なくなります。包括的に考えると育休6か月以内なら働こうが育児休業を取得しようが、金銭的なデメリットはほぼないと言えます。
育児休業給付金は皆さんが月々支払っている、雇用保険のうちから支払われています。取得することで雇用保険をしっかり有効活用できているということも意識すべき点ですね。

  • 例外もあるが、育児休業は1歳未満の子供がいれば男性だろうと取得できる
  • トータルでみれば金銭的には問題ない
  • 育児休業を拒否することは法令違反

育児休業のメリット

私が育児休業を取得し感じたメリットを紹介していきます。

  • 子供と一緒にいれる
  • 妻の負担の軽減
  • 仕事を休める
  • キャリアを見直す時間ができる

子供と一緒にいれる

当たり前ですが、子供の成長をそばで見ることが可能です。子供の成長はかなり早いです。この時期を一緒に過ごせるというのは今後の人生でも非常に有意義な経験となるでしょう。

妻の負担の軽減

育児休業の最大のメリットといっても過言ではありません。

逆に育児休業を取得しなかった場合はどうでしょう。
奥さんが一人でお世話しているわけですよね。家事は普段通りこなしつつも、子供が泣いたらあやさなければなりません。お腹がすいたら泣きます。眠たくても泣きます。暇でも泣きます。

子供をお風呂に入れたりするのも大変です。首が座るまでは細心の注意が必要ですし、子供の体が冷えないようにすぐに体を拭いてあげないといけません。お肌も繊細で、オムツをこまめに替えてあげたりベビークリーム等もこまめに塗ってあげないと荒れたりします。そうこうしているうちに家事をする時間もとれないなんて事もよくあります。

寝かしつけも一苦労です。仕事から帰ったらもう子供は寝ていて残念だなあ。とか思っているそこのあなた!認識が甘いです。練乳のシロップ漬けに蜂蜜をかけ、ホイップクリームでデコレーションしたものよりも甘いですよ。子供を寝かせる人の身にもなってください。寝かせるまでの紆余曲折、涙なくして語れませんよ。他にもやらなきゃいけない家事もあったりするのに、一人じゃ上手く寝ることができずに寝ぐずりしている子供をどうにかこうにか寝かしつけるのです。寝かしたと思っても起きます。始めのうちはそれプラス3時間おきの授乳です。上司のご機嫌取りなんか朝飯前に感じますよ。

意思疎通もままならない相手と一日中一緒にいて疲れないわけないじゃないですか。これを奥さん一人でやるとなるとかなりのハードワークです。

育児休業を取得し、家事の分担、寝かしつけの交代制等を取り入れ負担を軽減させてあげて下さい。授乳以外は何でもできます。ただでさえ、出産という命がけの大役を担っているのです。女性にしかできないことをしてもらっているんですから男性ができることはやりましょう。特に、普段から家事をあまりしていない人にとっては仕事の方が楽と思う人もいるかもしれません。世のお母さん方はそれをやっています。上司に回す気があるなら奥さんに回してあげてください。

仕事を休める

社会人になると仕事から完全に切り離される期間なんてほとんどありません。大型連休でさえ、休み明けには自分の業務を再開する一時中断の状態です。その間、脳のキャパシティーは仕事を完全には放棄してないですよね。育児休業を取得するとなると月単位で取得する方がほとんどではないでしょうか。休業に入る前に引き継ぎを行い、完全に自分の手から仕事が離れます。解放感ハンパないですよ。

キャリアを見直す時間ができる

育児休業中は必ずしも育児だけをしなくてはいけないわけではありません。(かといって育児をしないなんてのはもってのほか)
家事も一通り済ませ、子供も寝かせつけてしまったら、自身の時間も取っても構いません。

私からの提言は、だらだら過ごすのではなく、今後の将来について仕事の進め方や環境を変えることについて考えたり、資格の勉強をするのがオススメです。

子供が大きくなるにつれ、お金がかかります。仕事を続けていれば責任も増え、労働時間も長くなりがちだと思います。お金が必要になったときに、お金のことを考えて転職しようとか考え始めても、時間が取れなくてずるずるなんて事態も考えられます。できるだけ将来を見据え、時間の取れる時に行動しておきましょう。

育児休業を取得するときの注意点

育児休業を取得するにあたって注意しておいた方がいいと思うことを紹介します。

  • 周知を徹底し気持ちよく休む
  • 妻と育児休業中の過ごし方を打ち合わせる
  • 貯金をしておく
  • 育休期間は月末を含める

周知を徹底し、理解を得て、気持ちよく休む

仕事を休むからには誰かが自分の代わりに引き継いで仕事を行います。必然と引き継いだ人や、部署全体の負担は大きくなります。子供が産まれることは前々からわかっており、育休を取得することも決まっているのですから、周知は徹底しておきましょう。育休明けの人間関係にもつながります。

また、意外と難しいことですが、周りから理解を得なければなりません。
自分「育休とります!」上司「了解!」なんて軽くとれることは珍しいと思います。
かくいう私も一悶着ありました。

私は夫婦ともに九州の出なのですが、現在は関東に住んでいます。周りのサポートも多くは望めないため、初めての出産ということも有り、どうしても妻と子供のためにも育休が必要でした。

私の所属する事業所では今まで育児休業を取得したことがある人が一人もおらず、課長も育休を取得するなんて思ってもなかったみたいです。私が育休を取得したい旨を伝えると課長は露骨に嫌そうな顔をし、現在の仕事を誰がするのかとか、育休を取得することで回りにどんだけ迷惑がかかるかを説いてきたりしました。

こちらとしては迷惑がかかることは百も承知で、それでも家族を優先したいから申請したんですが、前例がないことを嫌う課長はなかなか首を縦に振りませんでした。最終的に業を煮やした私は、元々辞めたい願望もあったので課長を通り越して部長に育休がとれそうにないので会社を辞めますと伝えました。部長は寝耳に水だったようですぐに育休を取得できるように手続きをしてくれ、無事育休を取得できましたが、課長との仲は今でも険悪です。(部長に相談するのではなく辞めると言ったのは反省点です。)

課長は「男が家にいてもできることは少ないからね」といっていました。
法令で決まっているので拒否する権利がないことを理解していないマネージャーとしてもですが、それ以上に育児が大変である事、授乳以外は何でもできることを理解していないことに驚きでした。

このように理解がない上司を相手取るとかなり難航しますが、逆に上司の立場である場合は快く育休を認めてあげましょう。

妻と育児休業中の過ごし方を打ち合わせる

めちゃくちゃ大事です!

育児は朝から夜までやることが目白押し。先ほど自身の時間も取っていいと書きましたが、自身の時間ばかりとってちゃ育児休業じゃなく、ただのサボりです。奥さんが頑張っているのに、旦那が遊んでいたら奥さんのストレスも限界に達するでしょう。何度でも書きますが、男性でも授乳以外は何でもできます。率先してやりましょう。

ただ、自身の時間も欲しいですよね。日課の時間、今後のキャリアを考えた勉強の時間、時には趣味の時間。

育休中に夫婦仲が悪くならないように事前に奥さんと打ち合わせておきましょう。
なるべく奥さんの自由時間を優先させてあげた方が良いと思います。理由としては

  • 夜中も授乳があり睡眠不足になりがち
  • なんだかんだ言っても赤ちゃんはお母さんの方を求める
  • 出産疲れが残っている

などが挙げられます。

以上を踏まえ次のことは打ち合わせておきましょう。

  • 何時起き、何時寝
  • 家事の分担
  • 自由に使える時間のスケジュール
  • スケジュールがズレた時の対応の仕方

貯金はしておく

育児休業給付金があるのに貯金が必要?と思うかもしれませんが必要です。
理由は育児休業給付金が支給されるまでには時間がかかるからです。

初回は育児休業を取得し始めてから2か月~3か月、それ以降は特に指定しなければ2か月おきに支給されます。
つまり最初の2,3か月分は生活できる貯金が必要です。

育休期間は月末を含める

最後は節税面でのおススメです。
育休中は所得税が免除されることは触れましたが、免除が始まるのは育休を取得した月からです。
また、免除が解除されるのは育休が終了した月からです。

例えば10月31日に育休を取得し、11月1日から働いた場合は例え1日の育休でも10月の所得税は免除されます。

逆に10月1日に育休を取得し、10月31日から働いた場合、免除の対象外となります。

つまり、育休を取得する際は月末に開始し、月初めから働くというのが最もお得ということです。

以上、男性の育児休業について紹介させていただきました。
ぜひ、奥さんのため、子供のため、そして自分のために育児休業をとって楽しく育児をしましょう。

コメント

  1. […] 男性の育児休業のススメイクメンなんて言葉ができるくらい男性の子育ては当たり前になってきました。ただ男性が育児休業を取得するのにはまだ不安がありますよね。不安を解決し気 […]

タイトルとURLをコピーしました